〒880-0007 宮崎市原町2番22号(県福祉総合センター内) TEL:0985-25-4692 / FAX:0985-25-4339

施設の概要

◆特別養護老人ホーム霧島荘
設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 指定介護老人福祉施設(平成12年4月1日指定)
施設の名称 特別養護老人ホーム霧島荘
開設年月日 昭和45年4月1日
入所定員 60名
施設の目的 65歳以上の老人で、身体上又は精神上の著しい障がいがあるために常時の介護を必要ととし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な者を入居させて、養護することを目的とする。
実施事業 (1)介護保険法事業
 ・介護老人福祉施設
 ・短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護(定員10名)
 ・訪問介護、介護予防訪問介護
 ・居宅介護支援
 ・通所介護、介護予防通所介護(定員15名)
(2)障害者自立支援法事業
 ・居宅介護(児童、身体障がい者、知的障がい者)
 ・短期入所(身体障がい者、知的障がい者)


◆養護老人ホーム東岳荘
設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 養護老人ホーム
施設の名称 養護老人ホーム東岳荘
開設年月日 平成20年4月1日
入所定員 50名
施設の目的 65歳以上の老人で、身体上もしくは精神上、又は環境上の理由及び経済的な理由により居宅での生活が困難な者を入所させることを目的とする。


◆地域・在宅福祉サービス
霧島荘デイサービスセンター 日帰りでご利用いただき、食事・入浴などの日常生活上の支援などを行います。
霧島荘居宅介護支援事業所 介護支援を必要とする在宅高齢者に対して、適切な介護計画の作成や相談支援を行います。
霧島荘訪問介護事業所 ひとり暮らしの高齢者や高齢世帯、また、ご家族が介護困難な場合、ヘルパーがご家庭に伺い、家事援助や身体介護等のサービス・ご相談に応じます。

沿革

昭和45年 4月
社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団が経営受託し県立第1号として事業開始
昭和45年 9月
リハビリテーション開始
昭和47年12月
在宅通所機能回復訓練事業開始
昭和53年 5月
リハビリ訓練兼作業室落成
昭和63年 3月
119番非常通報装置設置
平成 6年12月
山之口街区自治会加入
平成12年 4月
指定介護老人福祉施設、指定短期入所生活介護事業開始
霧島荘総合福祉支援センタ-開設(居宅介護支援事業、訪問介護事業)
平成15年 4月
支援費制度施行 指定居宅支援事業開始
平成16年 4月
軽自動車ユニバーサルカー(車椅子対応)導入
平成17年 4月
ユニットケアの推進(4ユニット)
平成18年11月
霧島荘及び東岳荘移転統合事業の開始
平成19年 3月
在宅通所機能回復訓練事業中止
平成20年11月
霧島荘及び東岳荘が移転統合し、高齢者総合支援センターきりしま開所
通所介護事業開始
霧島荘総合福祉支援センターを廃止し、霧島荘居宅介護支援事業所及び霧島荘訪問介護事業所を開設
 地域の社会資源として、ユニット型特別養護老人ホームの機能を生かし、人権擁護に立脚した質の高いサービスを提供します。
 また、東岳荘と有機的な連携を図り、効率的な経営を行います。

【事業計画】

○ 人権擁護の推進

○ 地域福祉事業の推進

○ 危機管理体制の強化

○ 専門性の向上

○ 職員の資質の向上

○ 財政力の向上

○ 広報活動の充実
 利用者に安心で安全な荘生活を提供できるよう危機管理体制を強化するとともに人権擁護の推進を基本に、職員の資質向上を図り、利用者主体の良質な福祉サービス提供に努めます。
 利用者の定員確保に努め、経営の安定化を図ります。

【重点事項】

○ 人権擁護の推進

○ 地域福祉事業の推進

○ 危機管理体制の強化

○ 専門性の向上

○ 職員の資質の向上

○ 財政力の向上

○ 広報活動の充実

高齢者総合支援センターきりしま

Information

社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団

〒880-0007
 宮崎県宮崎市原町2番22号
 県福祉総合センター内 [地図]

 TEL : 0985-25-4692
 FAX : 0985-25-4339