〒880-0007 宮崎市原町2番22号(県福祉総合センター内) TEL:0985-25-4692 / FAX:0985-25-4339

トップページ向陽の里 ≫ 新着情報
| Next»
 平成30年5月13日(日)、宮崎県障がい者スポーツ大会が開催されました。

 向陽の里からは、すぎのき寮・しいのき寮・かしのき寮・グループホームより32名の利用者様が、陸上競技(50メートル走、1500メートル走、ソフトボール投げ、フライングディスク)、ボウリング競技に参加されました。

 当日はあいにくの天候で、グラウンドの状況等が心配されましたが、参加された皆様、日頃の成果を十分に発揮されていました。
 
           ボウリング競技の様子.JPG トラック走競技の様子.JPG
           フライングディスク競技会場の前で記念撮影.JPG フライングディスク競技の様子.jpg
 向陽の里では、くすのき寮・すぎのき寮・しいのき寮・かしのき寮・もみのき寮という5つの寮があり、それぞれ利用者の皆様が生活されています。今回はしいのき寮・かしのき寮での出来事をご紹介します。

しいのき寮ロゴ.jpg
1月24日(水) おやつづくりを行いました☆

 しいのき寮では、半年に1度、季節に合わせたおやつ作りを行っています。今回は、グループに分かれ、デコレーションケーキを作りました。既成のスポンジケーキに思い思いにトッピングし、迷いながらも楽しく、自分だけのケーキを作り、おいしくいただきました。
しいのき寮 おやつづくり1.PNG しいのき寮おやつづくり2.PNG

かしのき寮ロゴ.jpg
1月26日(月)ボランティアを招いて、化粧の練習を行いました!

 外部から化粧ボランティアの伊東さんをお招きし、化粧の指導をして頂きました。モデルはかしのき寮の寮長です。伊東さんに一つひとつ丁寧に教えていただきながら、上手くいかない所は伊東さんに手伝っていただき、皆さん綺麗に化粧をすることができました。
かしのきりょう お化粧の様子1.JPG かしのき寮 お化粧の様子2.JPG
 去る11月3日(金)~11月30日(木)国富町総合文化会館にて多感覚セッションで利用者が製作した作品の展示会を行いました。1ヶ月の展示で多くの方に来場いただき、向陽の里多感覚セッションの取組を広く知って頂く良い機会となりました。

11月25日(土)には、多感覚セッションスタッフ(音楽療法士)による地域住民を対象とした「音絵(音・音楽を自由に描く活動)」ワークショップを実施致しました。日頃、利用者に対して実施に行っている活動の一つを体験できるもので、外部展示と合わせて今回始めての試みとなりました。
参加者(保護者)からは「楽しかった」「とても良い機会だった」といった声が寄せられ、大好評で終了致しました。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。


ワークショップの様子
ワークショップの様子1.png

スタッフの出す楽器の音にあわせて、
それぞれのイメージをクレヨンや絵の
具などを用いて表現していきます。




ワークショップの様子2.png ワークショップの様子3.png
ワークショップの様子4.png

聞こえてくる音や音楽の広がりとともに、
線や色が重なります。
手で直接描くことで感触を楽しみ、
小麦粉を使って造形を立体にすることで
参加者の表現がさらに広がります。


ワークショップの様子5.png ワークショップの様子6.png
 
描いた絵を切り貼りして、作品を創りました。
 平成29年10月7日(土)一般社団法人 宮崎県設備設計事務所協会の皆様で、清掃ボランティアを行って頂きました。
 広い敷地内の除草や清掃などの作業を総勢110名で行っていただき、1時間半かけて大変きれいにして頂きました。向陽の里では、これから向陽祭等の行事を予定していますので、すっきりとした広場で催しを行うことができます。
 宮崎設備設計事務所協会の皆様、ありがとうございました。


20171020-1508478489.JPG 20171020-1508478503.JPG
20171020-1508478510.JPG 20171020-1508478543.JPG
 9月の人権擁護推進月間に伴い、9月25日(月)弁護士の新井貴博氏を講師に人権研修「障がい者の意思決定支援について」を行いました。新井先生には園内研修としてこれまでにも「障害者虐待防止法」や「障害者差別解消法」などを法律専門のお立場から講義を頂いてきました。
 今回は、平成29年3月に示された「意思決定支援ガイドライン」について、実際の事例・海外(イギリス)での取り組みなどを交えて、大変わかりやすく解説いただきました。参加した職員アンケートでも「意思決定支援について、理解が深まった」「支援者側が支援内容をよく理解し、様々な技術を習得する必要を感じた」といった意見がありました。
 今回の研修だけではなく、人権擁護の徹底については引き続き啓発を行って参ります。


研修の様子.jpg
 恒例行事である花火大会を7月19日(水)行いました。
当日は途中雨が降るなど、お天気も心配されましたが、夕方になるときれいに晴れ、風もない絶好の花火日和となりました。
 国富町総務課や宮崎北消防署西部出張所の皆様にもご協力を頂きました。向陽の里内の農場から打ち上げる色とりどりの花火は大きくて迫力満点でした。

20170810-1502326967.jpg 20170810-1502327470.jpg
20170810-1502326959.jpg
 向陽の里では、音楽療法を主体とした芸術活動(多感覚セッション)を日々の活動に取り入れています。その中の活動に一つ、毎年6月にあまだれコンサートと題して演奏会を行っています。
発表者される利用者の皆さんは、この日のために一生懸命楽器や歌唱の練習され、準備を行ってきました。
 当日の素敵な演奏に、観客の皆さんからも手拍子や掛け声があがり、会場一体となった楽しい時間となりました。
20170803-1501741371.jpg 20170803-1501740931.jpg
20170803-1501740958.jpg 20170803-1501740941.jpg
20170803-1501740965.jpg
5月22日(月) 向陽の里にて救急法研修を行いました。
宮崎市消防局 応急手当研修センターより2名講師としてお招きし、更に応急手当普及員(向陽の里看護師)3名を講師として、心肺蘇生法やAEDの使用方法について学びました。
4~5名に分かれての実践では、参加職員が真剣に取り組む姿がみられ、最新の技術・情報を学びました。今回参加した職員だけでなく、緊急時に適切な対応ができるよう、啓発に取り組んでまいります。
20170605-1496642503.JPG 20170605-1496642480.JPG
20170605-1496642447.JPG
 向陽の里では、職員の人権擁護の推進を図るため、年2回全体研修を計画実施しています。
今年度は、9月21日(水)に弁護士の新井貴博先生をお招きして「障害者差別解消法」について講義をいただきました。また、1月11日(水)には、「障がい者虐待防止・権利擁護研修」に参加した職員より伝達研修を行いました。
 参加した職員からは「大変勉強になった」「改めて日々の支援に活かしていきたい」との声も聞かれました。今後も人権意識の向上に努め、良質な福祉サービスの提供を目指してまいります。

人権研修 人権研修
平成27年8月22日(土)設備設計事務所協会の皆様によるボランティア清掃活動が行われました。当日は、100名を超えるボランティアの方が来園、向陽の里の敷地内清掃活動(体育館内や外壁の清掃、園内除草作業など)を行って頂きました。
青空の下、約1時間半の作業で園内を大変きれいにしていただきました。ありがとうございました。

1.jpg 2.jpg
3.jpg 4.jpg 5.png
| Next»

向陽の里

Information

社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団

〒880-0007
 宮崎県宮崎市原町2番22号
 県福祉総合センター内 [地図]

 TEL : 0985-25-4692
 FAX : 0985-25-4339