〒880-0007 宮崎市原町2番22号(県福祉総合センター内) TEL:0985-25-4692 / FAX:0985-25-4339

トップページ清風園 ≫ 施設概要
設置の目的

障害種別を問わず、身体や精神に障害があったり、また何らかの生活上の問題のため日常生活を営むことが困難な方が入所し、生活保護法により健康で安心して生活するための施設です。
救護施設概要イメージ
救護施設概要イメージ

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 救護施設
施設の名称 救護施設 清風園
開設年月日 昭和35年4月1日
入所定員 50名
敷地面積 18,145㎡
建物の構造 鉄筋コンクリート建
延床面積 1,891㎡

沿革

昭和35年 4月 1日
生活保護法による県立緊急救護施設として設置
宮崎県社会福祉事業団に経営委託、開園となる。
昭和39年 4月 1日
救護施設に名称変更
昭和52年 3月 1日
防衛庁の援助等による防音全面改築工事竣工
昭和57年 1月19日
居住棟増設工事竣工
平成 5年 3月17日
大規模修繕(内装・外装)工事
平成 9年 5月 1日
大規模修繕(内装・外装)工事
平成11年 3月 2日
居住棟・講堂防音及び防湿改善工事
平成11年 9月 1日
救護施設退所者等自立生活援助事業開始
平成14年 3月31日
救護施設通所事業、救護施設退所者等自立生活援助事業廃止
平成14年 4月 1日
保護施設通所事業開始
平成15年 4月 1日
みやざき障害者就業・生活支援事業開始
平成16年 4月 1日
生活保護制度の運用によるホームレスの一時保護事業開始
平成20年 8月31日
防衛施設庁補助による防音機能復旧工事完了
平成23年 4月 1日
救護施設居宅生活訓練事業開始

 利用者の人権擁護の徹底と自立支援を基本とし、良質な福祉サービスを提供するとともに、救護施設の役割であるセーフティネット機能のさらなる充実を図ります。
 また、事業の推進及び予算執行の適切な進捗管理を行い、安定的な施設経営を行います。

【事業計画】

○ 人権擁護の推進

○ 地域福祉事業の推進

○ 危機管理体制の強化

○ 専門性の向上

○ 職員の資質の向上

○ 財政力の向上

○ 広報活動の充実
救護施設居宅生活訓練事業

 平成23年4月1日、救護施設居宅生活訓練事業を開始しました。
この事業は、救護施設の利用者が円滑に居宅生活に移行できるようにするため、施設において居宅生活に近い環境で実体験的に生活訓練を行うことにより、居宅生活への移行を支援するものです。
 施設から徒歩15分くらいの場所にアパートを借りて生活し、精神的な安定を図りながら、調理、服薬、入浴などの日常生活訓練と、公共交通機関の利用、通院、買い物、対人関係の構築などの社会生活訓練を計画的に実施しています。

居宅訓練1 居宅訓練2 居宅訓練3

清風園

Information

社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団

〒880-0007
 宮崎県宮崎市原町2番22号
 県福祉総合センター内 [地図]

 TEL : 0985-25-4692
 FAX : 0985-25-4339