宮崎県社会福祉事業団

文字のサイズ:
色合い:

就職を希望される方へ

スタッフインタビュー

みやざき荘・廣田看護師

Q1 現在、社会福祉施設で働かれていますが、この仕事の『やりがい』はなんですか。

当事業団の施設は、知的障がいや高齢者等の施設があります様々な施設での看護を経験することになりますので、その経験が視野を広げ、自分自身の経験値が上がっていきます。

Q2 医療機関(病院等)と現在働いている職場(社会福祉施設)との違いはどういう面ですか。

利用者の毎日の健康チエックや必要な処置を行っています。必要な処置を取る際に、医療機関や家族と連絡を取る等、調整をしながら進めていくところが、違いだと感じています。

Q3 現在、求職している方への職場(社会福祉施設)のアピールポイントをお願いします。

気さくに話ができる雰囲気があり、楽しく仕事ができています。また、子育てしながらも仕事をしていますが、勤務を配慮してもらえたりと、助かっています。福利厚生も手厚く病気の時も、休暇で対応してもらえたりと安心して働ける職場だと思います。

Q4 1日の仕事内容について教えてください。

利用者の皆様の健康管理を基本に、必要に応じて痰吸引や通院、点滴処置等を行っています。また、服薬の管理や、胃ろうの方への経管栄養の注入等、幅広い看護業務を行っています。

向陽の里・村井看護係長

 Q1 現在、社会福祉施設で働かれていますが、この仕事の『やりがい』はなんですか。

医師や家族、薬剤師等との調整や、緊急時の判断等により、看護師としての専門性が発揮できることに、やりがいを感じます。

Q2 医療機関(病院等)と現在働いている職場(社会福祉施設)との違いはどういう面ですか。

常勤の医師がいないことが大きく違います。医療の現場と違い、重篤な患者を治療することはほとんどなく、利用者の皆様の健康管理が主な業務です。また、季節に応じた行事を、利用者の皆様と一緒に楽しむことができます。

Q3 現在、求職している方への職場(社会福祉施設)のアピールポイントをお願いします。

医療・看護のスキルだけでなく、介護の知識や技術等、幅広い知識と経験を身につけることができます。

Q4 1日の仕事内容について教えてください。

利用者の皆様の健康管理、軽易なキズ・けがの処置、精神科検診や内科検診の介助、病院や家族への連絡調整、利用者の方が服用する薬の管理が主な仕事内容です。

このページを印刷