宮崎県社会福祉事業団

文字のサイズ:
色合い:

施設概要

施設のご紹介

青島学園は、青島の海の近くに位置し、保護者のいない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させてこれを養護し、併せて、退所した者に対する相談、その他の自立のための援助をしている児童養護施設です。
生活環境だけでなく、運動場などの遊び場も充実しており、児童達の元気な声が響いています。

実施サービス

児童養護施設
子育て短期支援事業(ショートステイ)

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 児童養護施設
施設の名称 児童養護施設 青島学園
開設年月日 昭和27(1952)年4月1日
入所定員 50名
敷地面積 12,885.89㎡
建物の構造 鉄筋コンクリート建
延床面積 (本体)1,465㎡ (附属棟)408,95㎡
居室 (本体)
男子棟 : 8部屋
女子棟 : 5部屋
幼児室 : 2部屋
(附属棟)
第1小規模グループケア施設
第2小規模グループケア施設
その他の設備 職員室、宿直室、厨房、ボイラー室、技術員休憩室、 医務室、食堂、談話室、調理実習室、多目的ホール、 研修室、洗濯室、浴室4、トイレ5、湯沸し室、 日用品倉庫、学用品倉庫、親子生活訓練室、心理療法室

事業への取り組み

豊かな個性と人間性の育成
情操教育の推進と各種行事の提供、心理ケア等治療的ケアの充実
立心と生活習慣の習得
生活指導や学習指導の充実、社会適応能力の向上
体位向上と健康管理
疾病の予防と早期発見、食生活の徹底
関係機関との連携、地域交流の促進
児童相談所、学校等との連携の強化、地域行事への積極的参加およびボランティア活動の推進
安全管理と事故防止
設備等の安全点検、防災訓練、交通安全指導の強化

沿革

昭和27年 4月 1日 県立児童養護施設「青島学園」として開設(定員40名)
昭和36年 7月 1日 定員を50名に増員
昭和39年 6月24日 鉄筋コンクリート建てを残し全面改築
昭和42年 9月 1日 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団に運営を委託
昭和63年 4月 1日 現在地に園舎全面改築
平成 8年 3月 1日 学園周辺の土地区画整理事業に伴い運動場等の整備
平成10年 4月 1日 視覚障害児ミドルスティ事業開始 不登校児童特別指導モデル事業開始
平成11年 3月 1日 視覚障害児ミドルスティ事業に伴うバリアフリー工事
平成12年10月 1日 苦情相談事業開始
平成13年10月 1日  「児童養護施設における心理療法実施」の承認に伴い心理療法開始
平成14年10月20日 創立50周年記念式典開催
平成15年 4月 1日 個別対応職員を配置
平成16年 9月 1日 家庭支援専門相談員を配置
平成22年 1月 第1小規模グループケアホーム開設
平成24年12月 第2小規模グループケアホーム開設

このページを印刷