宮崎県社会福祉事業団

文字のサイズ:
色合い:
障害福祉サービス事業所 向陽園
自立をめざして個性に合わせた技能を身につける

施設概要

施設のご紹介

向陽園は、障がいをお持ちの方に対し、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労支援の場、働く機会の場及び生活介護の場を提供し、必要な訓練及び支援を行う施設です。

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 障害福祉サービス事業所
施設の名称 障害福祉サービス事業所 向陽園
開設年月日 昭和47年4月1日 (平成24年3月1日に障害福祉サービス事業所へ転換)
利用定員 就労継続支援事業B型   20名
生活介護事業      20名
共同生活援助事業    21名
敷地面積 8,363.84㎡
建物の構造 鉄筋コンクリート建
延床面積 1,675.12㎡
実施事業 生活介護
就労継続支援B型
共同生活援助(グループホーム)

沿革

昭和47年 4月 聴覚障害者を主とした施設として開設(入所定員30名、通所定員10名)
昭和54年10月 通所定員を増員(通所定員15名)
平成13年 4月 「身体障害者授産施設県立向陽園」に名称変更する
平成15年 4月 短期入所事業開始(定員2名)
平成18年 4月
「身体障害者授産施設向陽園」に名称変更する 下記の事業指定  ・身体障害者授産施設
・身体障害者授産施設(通所事業)
・指定短期入所(児童・知的障害者・身体障害者(聴覚言語))
平成23年 9月 グループホーム・ケアホーム向陽園第1ホームを開設
平成24年 3月
グループホーム・ケアホーム向陽園第2ホーム、向陽園第3ホームを開設
身体障害者授産施設向陽園を「障害福祉サービス事業所向陽園」へ転換
平成26年 3月 グループホーム・ケアホーム向陽園第4ホームを開設

授産作業の様子

授産作業の様子

向陽園外観

向陽園外観

このページを印刷