宮崎県社会福祉事業団

文字のサイズ:
色合い:

施設概要

施設のご紹介

高千穂学園は、知的障害のある児童及び成人の入所施設です。一人ひとりに応じた支援を行い、将来の社会生活に適応できる能力を高める支援を展開しています。

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 障害児・者支援施設
施設の名称 障害児・者支援施設 高千穂学園
開設年月日 昭和52年4月1日
入所定員 障害児入所施設    60名
障害者支援施設       20名
共同生活援助事業     8名
敷地面積 10,045㎡
建物の構造 鉄筋コンクリート建
延床面積 1,898.51㎡
実施事業 障害児入所施設
障害者支援施設
短期入所
共同生活援助
一般相談支援
特定相談支援
障害児相談支援
日中一時支援
障がい児等療育支援事業【サポートセンター】
宮崎県都城発達障害者支援センター

沿革

昭和38年10月 社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団によりきりしま学園を設立。都城市立大王小学校・小松原中学校の分校を併設。 60名
昭和52年 4月 ろうあ児施設県立高千穂学園(昭和42年3月開設)を精神薄弱児施設 県立高千穂学園に種別変更、宮崎県社会福祉事業団が県より経営を受諾し、きりしま学園全児童を措置する。
平成 2年 4月 都城養護学校に高等部設置
平成 7年 4月 障害児デイスティモデル事業開始(県単独事業-平成12年度まで)
平成 9年 4月
たかちほ・いきいき・ふれあい活動推進事業開始(園単独事業-3年間)
平成11年 4月 視覚障害ミドルスティ事業開始(県単独事業)
平成12年10月 都城知的障害児(者)デイステイ事業開始
平成15年 4月 短期入所事業契約制度開始
平成16年 3月 都城知的障害児(者)デイステイ事業終了
平成20年 2月 宮崎県都城発達障害者支援センター附置
平成24年 4月 知的障害児施設高千穂学園を「障害児入所施設高千穂学園」へ転換
平成30年4月 障害児入所施設 高千穂学園を「障害児・者支援施設 高千穂学園」へ転換
平成30年7月 高千穂学園成人棟 開所

このページを印刷