宮崎県社会福祉事業団

文字のサイズ:
色合い:
障害児・者支援施設 ひかり学園
健やかな成長・発達を促し、社会生活に適応できる能力を

施設概要

施設のご紹介

ひかり学園は、障がいのある児童・成人の入所施設です。豊かな自然環境の中で、健やかな成長・発達を促し、将来、社会生活に適応できる能力を身につけていきます。
また、在宅障がい児・者への地域・在宅福祉サービスを実施しています。

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人 宮崎県社会福祉事業団
施設の種類 障がい児・者支援施設
施設の名称 障害児・者支援施設 ひかり学園
開設年月日 昭和35年11月1日
入所定員 福祉型障害児入所施設  15名
障害者支援施設  30名
就労継続支援事業B型  20名
生活介護事業  6名
共同生活援助事業  18名
敷地面積 7,596.69㎡
建物の構造 鉄筋コンクリート建
延床面積 2,328.98㎡
実施事業 福祉型障害児入所施設
障害者支援施設
短期入所
居宅介護
重度訪問介護
一般相談支援
特定相談支援
障害児相談支援
生活介護
就労継続支援B型
共同生活援助(グループホーム)
日中一時支援
障がい児等療育支援事業【サポートセンター】
宮崎県延岡発達障害者支援センター
共生型事業所「ゆるま~れ」

 

沿革

昭和35年11月1日 知的障害児施設として、定員60名で開設。施設内に延岡市立土々呂小学校、土々呂中学校分校が開設され義務教育が行われる。
昭和53年4月1日 施設提携養護学校として県立延岡南養護学校開校(土々呂小・中分校は同校に移管される。)
昭和54年8月1日 県立施設整備事業として学園施設整備工事が、工期2ヵ年の継続事業として着工
昭和56年2月1日 竣工と同時に定員60名の入所施設として県から事業を受託
平成2年11月1日 創立30周年を迎える。
平成8年5月1日 県単独事業としてデイステイ事業開始
平成15年7月1日 障害児(者)地域療育等支援事業(現「障がい児等療育支援事業」)開始
平成20年2月15日 宮崎県延岡発達障害者支援センター附置
平成22年4月1日 知的障害児施設ひかり学園を「知的障害児・者支援施設ひかり学園」へ転換。新たに多機能型事業所「デイセンターひかり」開所
平成22年7月1日 障害者支援施設(成人部)事業開始 定員60名→45名へ変更<児童部25名、成人部20名>
平成22年11月1日 創立50周年を迎える。
平成23年3月2日 グループホーム・ケアホーム第1ひかりホームを延岡市内に開設
平成23年10月25日 グループホーム・ケアホーム第2ひかりホームを延岡市内に開設
平成24年4月1日 知的障害児・者支援施設ひかり学園を、「障害児・者支援施設ひかり学園」へ転換
平成24年8月3日 グループホーム・ケアホーム第3ひかりホームを延岡市内に開設
平成25年4月1日 小規模グループケアホーム(ひかりんホーム)を開設
平成27年7月1日 定員 児童25名を15名に 成人20名を30名に変更
平成28年7月1日 グループホーム第4ひかりホームを門川町内に開設
平成28年10月25日 ひかり学園共生型福祉サービス事務所開所(愛称 ゆるま~れ)

このページを印刷